山口技研

社員インタビューInterview

自分の成長を
喜んでくれる人のいる職場。

製造部

徳田 将大Tokuda Masahiro

2017年入社

“社長が先輩”
が入社のきっかけ

会社説明会で社長が大学の先輩であることを知って(山口技研に)興味を持ちました。大学では電子情報通信工学を専攻していて機械加工はまったく未知の分野でした。そんなこともあり、経験がなく多少不安がありましたが、工場見学などをして未経験でも丁寧に教えてもらえることや現場のあたたかい雰囲気にも魅力を感じ、就職を決めました。

成長を見てくれる人がいる

仕事は砥石を高速回転させて製品の表面を研いで滑らかにしたり、図面に指示されているサイズ通りに仕上げる作業です。手動なので感覚を大事にする作業ですね。公差などが厳しい条件の製品を仕上げた時はやりがいを感じます。また、1年前の自分と比較しても以前は難しいと感じたレベルの図面をさほど苦労せずに仕上げることができると嬉しいです。そうした仕事の様子をちゃんと見ていて「成長した」と言ってくれる先輩社員の言葉も励みになります。

一歩ずつ前進

研磨は3~4年でやっと半人前といわれています。自分も今はまだ、どの種類の砥石を使うのがいいのか、製品のどの部分から研ぎ始めたらいいのか、など先輩に訊くことばかりです。いずれは全部自分で判断できるようになって、一つの製品にかける作業時間も短縮できるようになるのが目標です。一歩でも尊敬する先輩に近づけるよう頑張りたいです!

1日の様子Daily

7:50 出勤ラジオ体操
8:00 朝礼(月・木のみ)、作業開始
12:00 お昼休み
13:00 作業
17:00 退社

休日の過ごし方

石川県の実家に帰って家族で食事したり、能登の海で釣りを楽しんでリフレッシュしています。小学2年生のとき、親に連れて行ってもらって球場で初めて見て以来ロッテのファンです(笑)。テレビで試合観戦するのも楽しみですね。

一問一答Q & A

仕事中のリフレッシュ方法は?
甘いものを食べます。
仕事の必需品は?
関数電卓です。
お気に入りのランチは?
会社で注文しているものです。
お昼の過ごしかたは?
スマホのゲームをやってます。
楽しみにしている社内行事は?
忘年会です。
仕事でうれしかったことは?
加工の難しい製品を完成させた時です。
このひとのここがスゴイとおもうことは?
上司の加工のスピードです。
出社してまずすることは?
機械の立ち上げと暖機運転です。
入社当時と現在で違いを感じることは?
責任感を持つようになりました。
仕事と家庭を両立してこられたのは?
会社のサポートのおかげです。
これからの目標は?
自分のことだけではなく
周りに気を配れるようになりたいです。

エントリーはこちら